増毛法お役立ちナビゲーション

自毛植毛が薄毛対策の一つとして注目

全ての髪の毛の悩みを抱えている方へ当サイト「増毛法お役立ちナビゲーション」では、増毛法に関するお役立ち情報をお届けしています。
まずは増毛法について調べているなら当サイトをご熟読ください。

 

「痛み」だと自毛植毛の疑問はおもいますが、痛みは局部麻酔をするためありません。麻酔が効くと歯の治療も痛みがなくなりますが、同じ原理です。ただ軽く術後 2〜3日は痛む事があります。鎮痛剤でこちらは収まります。まれに出血することもありますが、すぐ止まる程です。10日程度でかさぶたはとれます。抜糸が2 週間以内には終わります。

 

そして最も気になるのが「費用」ですね。ただ植毛株数によって費用は異なります。幅はありますが、100万~200万の間が多くなっています。ただそれだけ本数が増え れば費用も増えるので確認がクリニック等で必要になります。髪の毛はおよそ10ヶ月ほどで違和感がなくなってきます。

 

自毛植毛が薄毛対策で注目されています。まだまだ日本では外科的治療という事でメジャーではありませんが、自毛植毛がアメリカや台湾、韓国などでは非常に増えています。
手術時の費用は自毛植毛は高いのですが、育毛剤のような継続的な費用は治療後はかかりません。局部麻酔をして後頭部の頭皮を切り取って、グラフト(株分け)をして、移植を前頭部や頭頂部にしていきます。

 

どうして後頭部の頭皮を切り取るかですが、後頭部や側頭部には、これは2型5αリダクターゼが存在しないためです。DHTに男性ホルモンが変化しないため、抜け毛の原因となる退行誘導因子が産生されません。

 

予め知っておきたい増毛法に関する情報なら当サイトにお任せください!
増毛法のことで絶対に見逃すことの出来ないお役立ち情報を多数お届けしています。